1年以内で綺麗なウエスト

糖質制限ダイエットのやり方と期待できる効果

糖質制限ダイエットは、ダイエッターにとっては夢のようなダイエットです。
なぜなら、糖質制限ダイエットのやり方は、1日3食しっかりと食べることが絶対条件だからです。逆に言えば食事を抜いてしまってはいけません。
ただし糖質を減らすこと、つまり低糖質の食事をとることと、糖質は減らしてもカロリーは減らさないことが重要です。
また、糖質制限ダイエットは一日の糖質量を50g以下に減らしますが、身体にとって大切な栄養である糖質を抜いてしまうことはありません。
その為、ゆっくりではありますが身体にかかる負担を減らしながら確実に体重をコントロールしていくことが可能です。

注意点としてはなるべく栄養のバランスのとれた食事を心がけることです。
お肉は牛・豚・鶏など何を選んでも良いのですが、野菜でも糖質が含まれている可能性のあるじゃがいもやれんこん、とうもろこしなどは避けてください。
果物も意外と果糖が多く含まれていますので、制限していることを意識してください。
お魚やチーズなどは食べても良い食べ物です。
気になるアルコールも、糖質がたくさん含まれるビールや日本酒はとらない方が良いですが、ウイスキーや焼酎といった蒸留酒には糖質が含まれていないので飲んでもかまいません。
ただ、アルコールにはリラックス効果がありますので、ついつい我慢していた炭水化物を食べてしまったりしないように注意しましょう。

普段から自炊している方であればどんな食事をとるかは問題ないと思いますが、外食が多い方の糖質制限ダイエットはどんなやり方が良いでしょうか。
外食では思ったより低糖質の食事が見つかりませんし、その為に効果が落ちてしまうのでは意味がありません。
ひとつの方法としてはラーメンやうどんなどの単品メニューは減らし、もったいないですがダイエット中だけはごはんを残すなどの対策をしましょう。
外での食事でもお弁当などを購入して食べられる方は、ローソンの食材を組み合わせて糖質制限ダイエットをすることができます。

ローソンにあるおすすめ糖質制限食品

ローソンにはおすすめの糖質制限食品がたくさんあります。
制限しなければいけないパンも、低糖質パンが販売されていますので上手に活用しましょう。
もちろんお菓子やスイーツにも低糖質の商品があります。
ダイエット中に食べたくなるホットスナック、からあげクンや焼き鳥なども低糖質ですから少々食べてしまっても大丈夫です。

食事という点から見ると、サラダやこんにゃく麺、サラダチキンなど種類豊富なお惣菜が特におすすめです。
特に調理をする気分でない日も、アルコールのおつまみとして利用したい日も帰宅してすぐに食べられるお惣菜は大活躍です。

食材として販売されている豆腐や、味付たまご、魚肉ソーセージなどの商品を組み合わせてオリジナルのサンドイッチを作ったり、新しいレシピを開発するのも楽しいものです。
パストラミビーフやスモークタンに野菜サラダやキャベツの千切りをたっぷり合わせて低糖質パンにサンドしたり、オーブントースターが使用できるのであれば軽く温めて焦げ目をつけるのも良いでしょう。

また、満腹感と一緒にふんわり幸せ感をいただけるスープ類もおすすめです。
しかし、おでんについては食材選びに注意しましょう。間違ってもじゃがいもを食べてしまってはいけません。
たまごや焼き豆腐、ロールキャベツなどは比較的糖質が低めで飽きないので良いでしょう。
昆布巻きや大根など、気分に合わせて変化を持たせるような工夫も大切です。
つくねは鶏肉なのですが、つなぎに糖質の高いものを使用している可能性があるので、食べ過ぎないようにして下さい。
実際にコンビニグルメのみで糖質制限ダイエットを成功させた人も少なくありませんので、おいしくて手軽なローソンの食材は本当におすすめです。